アトリエデグチへようこそ 油絵で描く北海道風景






  網走行き特急列車が女満別(めまんべつ)駅に停車した。  
昇降口のドアが開いた。外を見た私は降車をためらった。

無人駅であることは承知していたが、その風景は想像を逸脱していた。


 駅舎も見えずプラットホームには屋根がなく、
降り積もった雪はプラットホームと地面の境さえ無くしていた。

車掌さんがこちらへ走ってきながら怒鳴っている。
「早く降りてください。発車しますよ」

ディゼル機関のジーッという音とガタンゴトンという音が去った後には、私と雪に写る私の影だけが残った。

本文へジャンプ

アトリエデグチへメールを送信します。



上海での個展の案内

日本洋画家のトップランナー紹介

シリーズ「文明は今」作品紹介

シリーズ「文明は今」作品紹介

シリーズ「文明は今」作品紹介

旅の画帳


絵画教室案内

花(フロックステナー)の描き方

簡単お絵描き コスモスの描き方 水彩画

ススキの描き方
                
   あなたのご訪問は
人目です。

  北海道風景



     

北海道は冬が美しい。



 関西の冬は寒い、北海道の冬は温かいよ」、

        と北海道出身の方。




一面の銀世界、勇壮なオホーツク、そして温かい部屋と美味いもの。

生活をしている方は大変かも知れませんが、

観光なら北海道の冬はとてもすばらしいです。







北海道風景 油絵 ノシャップ岬



(1)ノシャップ岬

 
日本最北端の宗谷岬から西に40qに位置する岬。

ノサップ岬というのもありますが、こちらは根室にあります。

どちらも、アイヌ語の「波の砕け
  油絵で描く北海道風景   ノシャップ、留辺蘂

散る所」という意味だそうです



(2)利尻島夕映え

 (絵の上にポインターをのせて下さい。)

稚内西海岸より。「海に立つ富士」と呼ばれ、夕映えに浮かぶ島はことに絶景。



        る べ し べ  ふ う け い
留辺蘂風景




  (1)(右表)・・渓流映える

 
 雪原を流れる小川に夕日が映える


  (2)(右裏)・・留辺蘂(るべしべ)近郊風景 


  




油絵 北海道 北見富士 夕映え

  北見富士夕映え


雪原に夕日が海原のようにきらめく。







北海道風景 留辺蘂 油絵
















  留辺蘂町花でもある、
  エゾムラサキツツジ



 
 夕映えのオホーツクがまぶしい
         


油絵 北海道風景 オホーツク海
 海岸に昆布が打ち上げられていました。
 「子供のころ、この昆布がおやつ代わりだった」
 と地元の方が話して下さいました。

  私も一つ拾って食べたのですが、
 これがまたとてもおいしいのです。

      

次ページは北海道風景その2です。

北海道道庁新緑、サロベツ原野、牧場風景などです。



         ホームページのトップに戻ります。